桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿

それってもしかして私のこと?

春宵

春の宵 家に帰ろか まだいよか

           てれんぱれん

              画像AC

春宵一刻値千金とは、原典は中国北宋代の詩人・蘇軾の漢詩(2018/04/06 12:36 ウェザーニュースより)

「春宵一刻値千金」は中国北宋代の詩人で政治家だった蘇軾(そしょく、1037〜1101年)の「春夜」という漢詩の一節です。七言絶句の全文は次の通りです。

春宵一刻値千金

花有清香月有陰

歌管楼台声細細

鞦韆院落夜沈沈

日本語訳すると次のようになります。

「春の夜の素晴しさは、ひとときが千金にも値する/花は清らかな香りがただよい、月はおぼろに霞んでいる/楼閣から聞こえていた歌声や管弦の音は、先ほどまでの賑わいも終わり、今はかすかに聞こえるばかり/ブランコがある中庭では、夜が静かにふけていく」

今はまさに「春宵一刻値千金」の季節。春の宵を存分に楽しんでください。

と、いうことで、「春はあけぼの(『枕草子清少納言)」だけでなく「春宵(『春夜』蘇軾)」も素晴らしいということのようです。

    2024.2.19 7時頃 ☔です

春眠

春眠や 三十分おき アラーム

春眠や 夢と現を 行ったり来たり

          てれんぱれん

😴 🔊

 😴😴 🔊🔊 

   😴😴😴 🔊🔊🔊

      😴😴😴😴 🔊🔊🔊🔊

     2024.2.17 7時頃